ログイン 

投稿者: Yuragi 投稿日時: 2016-3-31 18:01:34 (443 ヒット)

田中真吾展
ーひかりをみるー

2016.4.5(火)―17(日) 11(月)休廊
12:00―19:00(最終日17:00)

私たちにとって火は文明の始原であり、人類の歴史は火を様々に利用することによって紡がれてきました。
時には繁栄を、時には厄災をもたらす火とともに、私たちは進化を続けてきたといっても過言ではありません。
火を使用したことが、人と他の動物をとの違いを決定付けた一つの要因だとすれば、何故、原始の人類は火をコントロールすることを思いついたのでしょうか?
きっと外敵から身を守る手段とは別に、燃え上がる火の姿に魅了された一面があるのではないかと想像してみます。
そして、彼らが魅了されたであろう火の姿は、今も変わらず私たちを魅了し続けています。

私の制作は、その火が持つ様々な魅力を、素材に捉われることなく作品化出来ないか、試行し続けることです。(田中真吾)


タイトル:re:trans #53
作品サイズ:120×170×140
素材:ミクスドメディア
制作年:2016

三橋登美栄のブログ「田中真吾展を終えて」もご覧ください


投稿者: Yuragi 投稿日時: 2016-3-3 21:37:26 (526 ヒット)

平井秀展
ー古代を知覚する器ー

2016.3.15(火)―27(日) 21(月)休廊
12:00―19:00(最終日17:00)

生活の営みが作り出してきた土器や民具、青銅器、祭器 etc。古代の遺物に宿る力強いオーラに影響を受け、自らの制作論で花器を制作しています。ギャラリー揺さんでは2度目の個展の機会をいただきました。今回も器と花の共演を演出します。(平井秀)



「アンク形花器」h 210×w 340×d 105mm

三橋登美栄のブログ「平井秀展を終えて」もご覧ください。




投稿者: Yuragi 投稿日時: 2015-11-10 21:22:51 (816 ヒット)

石井春展

2015.11.17(火)―29(日) 23(月)休廊
12:00―19:00(最終日17:00)

..........................................................

今年5月から3ヶ月ポルトガルに滞在して制作したアズレ−ジョの作品を主に発表します。
ビードロの釉薬に魅せられて20年・・・ 終の無い世界にはまっています。
秋の庭が美しい『ギャラー揺』どんなコラボレーションになりますか展示が楽しみです。(石井 春)



200x200x8mm アズレ−ジョ4点からなる作品






投稿者: Yuragi 投稿日時: 2015-11-4 9:10:13 (522 ヒット)

井上唯展
yui Inoue
ー夢をみているのかー

2015.11.3(火)―15(日) 9(月)休廊
12:00―19:00(最終日17:00)

..........................................................

自分の手で素材と向き合いながらモノをつくっていくのだけれど、
めざしているのは自然の摂理や時間がつくったような在るがままの美しさで、
それはすでに素材に備わっているのだった。

それでも、なにか手を加えることで、見えてくるものがあるのではないかと、
素材のほうに近づいたり、遠ざかったりしながら、試行錯誤しているところです。
植物と、人と、モノとのおもしろい関係が見えてくることを期待して。(井上唯)



三橋登美栄のブログ「井上唯展を終えて」もご覧ください




投稿者: Yuragi 投稿日時: 2015-11-4 8:50:12 (513 ヒット)

堀田淳一展

2015.10.20(火)―11.1(日) 26(月)休廊
12:00―19:00(最終日17:00)





三橋登美栄のブログ「堀田淳一展を終えて」もご覧ください



« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 27 »